羽曳野市の高鷲学園 with里親
羽曳野市の高鷲学園 with里親
羽曳野市の高鷲学園 with里親
羽曳野市の高鷲学園 with里親
子どもたちのためにわたしたちができること              南河内地域のみなさんと家庭養育を目指します
  • Instagram
  • Instagram
  • Instagram
  • Instagram

子どもたちのこと

親の病気、経済的な理由、虐待など、何らかの理由で家庭で暮らせずに、社会的養護を必要とする子どもたちがどれくらいいると思いますか?
日本全国に約46,000人、大阪府だけでも約3,000人います。

羽曳野市の高鷲学園 with里親
羽曳野市の高鷲学園 with里親
羽曳野市の高鷲学園 with里親
羽曳野市の高鷲学園 with里親
羽曳野市の高鷲学園 with里親
羽曳野市の高鷲学園 with里親

子どもの権利条約にも謳われるとおり、
すべての子どもは、家庭環境の下で「幸福」、「愛情」及び「理解」のある雰囲気の中で
成長すべきとされています。
未来を担う子どもたちのためにできることを、わたしたちと一緒にしませんか。

with里親とは

羽曳野市の高鷲学園は、
with里親として登録された「はぐくみホーム」「週末里親」の方々に寄り添い、
子どもたちの成長をサポートし続けます。

「with里親」とは

何らかの理由により家庭で生活できなくなり、高鷲学園でくらす子どもたちを、羽曳野市内の家庭で養育してくださる「はぐくみホーム」や「週末里親」のこと。高鷲学園は、一緒に「with里親」として登録に向けたステップを進みながら、継続してサポートしていきます。すぐに長期に子どもたちとの生活をお願いするのではなく、色々な形で子どもたちとの交流も行い、「はぐくみホーム」「週末里親」と子どもたちがお互いに知り合える機会を作ります。

「はぐくみホーム」とは

大阪府では、事情があって家庭で生活できない子どもを一定期間育ててくださる里親家庭(養育里親)を「はぐくみホーム」と呼んでいます。
保護者と離れてくらす子どもたちの事情や期間も様々です。だから子どもにとって必要なはぐくみホームも様々です。

「週末里親」とは

施設で生活している保護者との面会や帰宅が少ない等の子どもを家庭生活を体験することを目的に、月に数回、または長期休み時等に家庭へ迎え入れてくださる家庭を「週末里親」と呼んでいます。

  羽曳野市の高鷲学園のwith里親とは

子どもたち、「はぐくみホーム」「週末里親」、支援する側の「高鷲学園」、
みんなが顔見知りでお互いに安心でき、気軽に相談できる関係を目指します。

登録までの流れ